2024
1
Jul

感想(動画・本)

1~3月に見た動画(2024)

有馬かな

視聴記録。ネタバレ注意。
アイキャッチ画像は「推しの子」の有馬かなちゃん。

※このページにはアフィリエイトリンクを含みます


アニメ すみっコぐらし そらいろのまいにち

5分アニメ。各すみっコたちを紹介するようなストーリーになっている。
1話の「ねこのおはなし」が泣けた。お腹鳴って恥ずかしい時、みんなが食べ物くれて、泣きながらおにぎり食べるねこ。優しさが胸にしみる。


おっさんずラブ-リターンズ-

今度は嫁姑バトルということで、どういうこと!?と思ってたら、部長が転職して家政婦になってた。
牧と部長の大乱闘面白かった。家事をする部長、花がとても似合う。
牧の抱える新婚生活でのストレスが「あるある」すぎて、他人と同居する予定がある人は見た方がいい。
謎の隣人・和泉さんが何者なのかが気になるところ。2話まで見た時点での予想だけど、どこかの世界線で春田と恋人同士で、春田の死を止めるために過去?に戻り、春田のそばでなんかやってるんじゃないかなぁ?
スピンオフドラマ「春田と牧の新婚初夜」良かった。すごく自然な演技で、楽しそう。

過去の和泉さんとのギャップ…!春田のそっくりさんかぁぁ!
春田の前でオロオロしてる和泉さんが可愛い。和泉さんけっこう好き。
部長のビデオレターを見て、牧が泣いてるところが泣けた。春田が泣くのは想定内だけど、部長と争ってた牧が!あの牧が部長を思って泣くのはグッとくる。


新空港占拠

仙台空港が出てると聞いて。作中では「かながわ新空港」になってる。
前作の病院占拠の話は見たこがないので、分からないネタがチラホラ。
分からないなりに楽しめた。
大河に脅迫されて手術させられたママ、三郎の妻だったのか!知らなかった!あの子供は娘か!私はてっきり、機械に足引きずりこまれてたバディ的な女性と恋愛関係になるんだと思って見てたよ!
神社の神主が出てきて、獣の仮面のことが明らかになった回が面白かった。
時間内に秘密を暴かないと死ぬってやつ、最初の方は楽しく見てたけど、何度か続くと「どうせ今回もギリギリで秘密を暴いて助かるんでしょ?」って思えてハラハラしなくなった。
ストーリーが進むにつれ、獣たちの素性が明らかになり、彼らの想いに重きを置いた演出になってる感じがした。それに比べて主人公の想いは良く分からん。どっち側の視点でこのドラマを見ればいいのか分からない。獣たちの人生を見せたかったのかなぁ。
山猫の真の正体があの人だったなんて…!人質に取られてた時、ずいぶん肝のすわったカッコいい女性だなぁと思ってたけど。そうだったのか…。
長い1日だったって、ホントに長いな!これ全部1日の話だったのか!
最後になんか知らん人出てきた。次回作へのフラグ?


【推しの子】

視聴前は、アイドルのアイが子育てしながらアイドルやって、そのうち子どもと一緒にアイドルする話なのかと思っていた。けど、ちょっと違った。
子ども向けでないシーンもある闇深い作品というような噂を見たような気がするんだけど、思ったほど暗い話ではなかったし、小学生でも全然見れると思う。


1話はプロローグで長かった。3話分くらい?でも内容が濃くて展開がものすごくて面白かった。アイの退場が早すぎてビックリ。
2話になり、なるほどそういう話でいくのねっていうのが見えてくる。1話を長くしてまとめたのは正解。
妹の前世が病気でずっと入院していたとはいえ、赤ちゃん時代に立派なオタ芸を披露しておいて、大きくなってから「踊れない」とか言い出すのは違和感。今の体になって何年経つのよ。転生したばかりならまだしも。
そして顔は可愛いのに、どうも存在感が薄い。他の女の子キャラ達に負けてる感。しかし最終話でアイドルデビューした時のアイドル感は良かったので、シーズン2に期待したいところ。
元子役のかな、若いのに悟ってる感じとツンデレな感じのギャップ、あくあのことで一喜一憂しているところが可愛い。そして顔がいい。
アイドルものということでか、顔の作画に気合が入っていると感じるこの作品。目がキレイ。
笑顔もいいけど、泣き顔も良い。


ちいかわ

草むしり検定の話から137話まで視聴。
コロナ療養中に見た。
ちいかとハチワレの友情や、鎧さんのパジャマ待ちしてる子に癒される。
が、高熱時に見る悪夢みたいな話を時々ぶっ込んでくる。擬態型とかいう奴がヤバイ。怖すぎる。夢に出そう。


あやかしトライアングル

コロナ療養中に見た。
原作の絵が良すぎるので、ちょっと作画に物足りなさを感じたが、見ているうちに気にならなくなった。
お色気シーンは全てシロガネ(白い猫)によって隠される。
あまりに隠しすぎるので、いっそパンチラシーン無くしてしまえばいいのでは…と思ってしまう。円盤だと全部見えるとかそういう商売なんですかね?
お泊り回が女の子同士キャッキャしてて可愛らしかった。


ミギとダリ

双子の少年が二人で一人ととして養子になり、二人であることを隠しつつ、母を殺した人物を探す話。
髪色や顔立ち、名前、家などからして外国のお話なのかな?と思いきや、日本が舞台だった。衝撃。
シリアスなんだけど、時々笑える。ミギとダリの動きが独特で面白い。
序盤はミギとダリ2人ともそっくりなんだけど、回を追うごとにそれぞれ個性が出てくる。
一条家の奥様がヤバイ。赤ちゃん化させられる13歳の少年。家政婦に自分の旦那の子を産ませて旦那似の子だけを自分の子として育てるのもヤバイ。
最終話、クリスマスプレゼントが2個用意してあって、実は夫妻は気づいていたってところが泣けた。


私の百合はお仕事です!

可愛い絵柄と可愛い声、ゆるふわ系の百合アニメかと思いきや、意外とシリアスだった。
コンカフェで働くことになってしまった主人公は、外面の良いウソつきである。完璧な可愛さを武器にして生きてきた。だけど職場では失敗ばかり…。
憧れのお姉さまが実は過去に自分を裏切った女だったり、親友の果乃子が主人公にガチ恋してたりしてドロドロしているところが面白い。
ギャルだけど仕事中は聡明な雰囲気な純加と果乃子が徐々に心を通わせていくところが良かった。


新しい上司はど天然

パワハラで転職したサラリーマンが、新しい職場の上司の「ど天然」に癒されるアニメ。
ど天然上司も、かまってちゃん上司も、ツンデレ猫ちゃんもかわいい。


映画ドラえもん のび太の大魔境

1982年の映画。
道具でアフリカにある秘境を見つける。拾った犬のペコは実はその秘境で進化した犬の王子様だった。
序盤ではワガママを振りまくジャイアン。だけど、ペコが一人で敵に向かって降参しに行く時、ジャイアンが真っ先にペコの元に向かっていくのがグッとくる。その姿を見て、逃げるよう言われていた他の皆もペコの元へ。彼らの友情や勇敢さを感じる良いシーンだった。


映画ドラえもん のび太の魔界大冒険

1984年の映画。
面白かった。そして82年版に比べると雲の描写が進化してる。
冒険から始まり(夢だけど)、石になったドラえもんとのび太の謎、そしてもしもボックスで魔法のある世界へ…。と続きが気になるワクワク感が冒頭からあってとても良かった。
魔法のじゅうたんは高くて買えないとか免許が必要だとか、リアルで面白い。
もしもボックスが壊れてしまい、元の世界に戻れなくなってしまってケンカするのび太とドラえもん。ケンカ中に「独り言だけど!」と言いながら会話をして、仲直りしていく様子が良かった。
タイムマシーン乗ってる時の空間や、宇宙空間の映像も良かった。


初恋ハラスメント ~私の恋がこんなに地獄なワケがない~

番組のサムネは恋愛ドラマにしか見えないのだけど、中身はホラーなので注意。
番組のXもなかなか不穏で、たぶんXのポストも含めて作品の一部なんだと思う。
なかなか挑戦的な作品で、最後まで目が離せなかった。楽しかった。笑った。B級ホラーいける人はたぶん好き。
ドラマ本編の前の放送直前SPがあるけど、ここからもう本編。色々と「おかしいな」と思うところがあるので、画面の隅々まで見た方がいい。伏線が張り巡らされているはずだ。1回見ただけでは全部は気づけない気がするので、もう1回じっくり見てみたい。

以下重大なネタバレあり(反転)


 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA